■プロフィール

双翼

Author:双翼
東方と銘打っておきながらBATTLELINEの記事ばっかりです・・・
でも楽しいからオススメするよ!
東方はほぼ全てEXクリアし、永夜抄はLUNAをクリアしたことがある程度の能力
BATTLELINEは数で攻めたりパワー押しするデッキより、パズルをするデッキが好きです
BATTLELINECLUB所属です
できるだけ毎日更新目指します
できなかったらゴメンナサイ
ゆっくりしていってね!

■カテゴリ
■最新記事
■PIXIV

PIXIVもやってます!こっちは東方結構描いてます

■魔理沙時計
■BANNER

クリックしてもらえると喜びます

Battle Line・攻略ブログ aoisekai_120-600.jpg

セガチュー完全版!

■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■アクセス

アクセスアナライザー

■アクセス2
■FC2カウンター

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
太陽の魔道少年プルル
さぁついに来ました。
無限の可能性を秘めた英雄…
「太陽の魔道少年プルル」!
兵種:無 コスト:2 戦:1
・行動:このユニットの前後左右に隣接する味方ユニット2体の場所を入れ替える



シンプルに見えてかなり幅が広い効果です。
使えば使うほど奥が深い英雄です。

では軽く使い方を紹介。

・弓と合わせる。
一般的な使い方にしてかなり効果的な使い方です。
これを使って弓を回し、連射することで通常弓では落としにくい戦闘力4を超えるユニットも軽く落とすことが出来ます。
またこれを使うことで弓の可動範囲がかなり広がります。
相手が民兵デッキだったり軽い斧槍だったりすると相手は泣きを見ることになるでしょう。

・騎兵と合わせる。
割と応用範囲が広いので何でもできるこのユニットですが、騎兵と合わせても面白いです。
2マス移動がプルルにくっついているユニットのところに飛ぶわけですから可動域はこれもかなり広がります。

・「アサシン」・「ブラックガード」と合わせる。
これらのユニットは中立に布陣することが出来ますが、これらを布陣した後予め自陣に布陣したユニットと入れ替えることでいきなり相手陣に乗り込むことが出来ます。
ここに俊足系ユニットを混ぜると一気に相手の1列目に乗り込むこともでき、王手をかけることも出来ます。
かなり意表をつくので相手にとっては恐ろしいコンボになりえます。

・自陣2列目布陣系と合わせる。
上記と使い方は似ていますが、こちらのユニットは使い易い兵なのでこれもありです。

・斜め移動系と合わせる。
このユニットや他のユニットもプルルの効果で動かすために適宜動くわけですが、どうしても通常の移動だけだと追いつけないこともあります。
ですが斜め移動を持っているとその心配もなくほぼ常にプルルにくっついていられます。
その点騎兵も似ていますね。

・「パトリー」と合わせる。
超上級者向けです。
十分な食料を確保した上でこれらとある程度のユニットを布陣すると動かせるパターンが意味不明な程に多くなります。
これらを見事使いこなせるならばあなたはかなりの実力、思考力を持っていることでしょう。

さて、これらを挙げてみましたが使ってみるとどれも可動域が広くなるというだけで強力な効果になります。
欠点としてはコストが2である、戦闘力が1なので弱い弓であっという間に落ちる、展開しないと働けない、等があります。
それらを補うためには、軽いユニットを多く使い展開力を上げ、なるべく前に出ずこのユニットの前は空けない、とすれば生き残りやすくまります。

相手は真っ先にこのユニットの破壊を優先してくるでしょう。
その為にも強力な効果を持つこのユニットを守る術は尽くしましょう。

延長では戦術的な効果を持つこのユニットは広い選択肢を自他共に与え、読みで上回れば不利な状況でも勝ちが見えてくることでしょう。

個人的評価は8.5点。
やはり先の欠点が評価を下げる要因ですが、やはり英雄の中でも強力な効果です。







BattleLine 英雄 | 00:21:45 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。