■プロフィール

双翼

Author:双翼
東方と銘打っておきながらBATTLELINEの記事ばっかりです・・・
でも楽しいからオススメするよ!
東方はほぼ全てEXクリアし、永夜抄はLUNAをクリアしたことがある程度の能力
BATTLELINEは数で攻めたりパワー押しするデッキより、パズルをするデッキが好きです
BATTLELINECLUB所属です
できるだけ毎日更新目指します
できなかったらゴメンナサイ
ゆっくりしていってね!

■カテゴリ
■最新記事
■PIXIV

PIXIVもやってます!こっちは東方結構描いてます

■魔理沙時計
■BANNER

クリックしてもらえると喜びます

Battle Line・攻略ブログ aoisekai_120-600.jpg

セガチュー完全版!

■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■アクセス

アクセスアナライザー

■アクセス2
■FC2カウンター

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
突風
「突風」
すべての敵の射兵ユニットは次のターンの終わりまで行動ができない
カードを1枚引く

_BLCARDs[163]

弓兵の射撃を1ターン防ぐ戦術です

弓兵の射撃はデッキによっては非常に厄介であり、多くのデッキにタッチで入れられている「長弓傭兵」等でかなり進軍がストップしてしまうこともよくあります
そのような場合にこれがあると1歩間合いを詰めやすくなります

しかし効果が1ターンだけというのがややネックです
1ターンだけなので進軍しても一度下がられてしまえばまたそこでにらみ合いになって進軍が止まってしまいます
一歩ずつしか進めないユニットにとってはやはり辛いことには変りないでしょう

しかしそれを克服する手段もあります
まずどんなデッキでも出来るのが、相手が下げられない状況下で使う、という方法です
具体的には相手の弓兵が相手陣1列目に存在する様な場合です
つまり自軍ユニットは中立地帯位にいる時に使うという感じですね
ですが一度弓兵が張られてしまうとそこまで進むのも難しく、進めるユニットにはこの戦術の補助は要らない、というジレンマがあります
もう一つは騎兵を使う方法です
騎兵は戦闘力が低い為、弓兵は苦手です
しかし、この戦術を使って2歩進めれば、相手は射撃を打てず、かつ1歩しか下がれないのでその後の展開を有利に出来ます
しかし目の前に行く場合、防御時1の騎兵は戦闘で倒されてしまうので注意しましょう
これで突っ込む場合は「カタフラクト」や「重装騎兵」が理想でしょう

この戦術を使うにあたり注意しなければいけないのは、相手に弓兵がいないと全く使えない、という点です
1枚でも出ていれば使うことが可能なのですが、剣単や魔兵等、弓兵をタッチでも積まないデッキと相対したときには完全に要らないカードになってしまいます
有効に破棄するには「エレメンタリスト」か「ライオット兵」の手札捨て効果だけでしょうね
また、相手が射撃持ちでも弓兵でなければ防げません

同じ射撃対策として「テストゥード陣形」があります
あちらへ射撃を封じこそはしませんが、中立以降の自軍ユニットに永続的に射撃軽減2を与えます
こちらも中立へ行く必要がありますが、無理してでも突っ込めば発動でき、かつ下がられてもその後有利、さらに弓兵以外も対象、なのでこちらの方が優秀かもしれません
ですが、逆に攻められている時には全く使えず、それはそれでデメリットがあります
一応こちらにはドローがついており、攻められていても使えるというメリットがあります
こちらはデッキ掘り下げにも使えるので、どちらを使うかは悩みどころでしょう

個人的評価は6.5点
勿論両方入れるのもありです
ウィニー等だとドローも入っているので良く使われてますね



BattleLine 戦術 | 23:04:26 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。