■プロフィール

双翼

Author:双翼
東方と銘打っておきながらBATTLELINEの記事ばっかりです・・・
でも楽しいからオススメするよ!
東方はほぼ全てEXクリアし、永夜抄はLUNAをクリアしたことがある程度の能力
BATTLELINEは数で攻めたりパワー押しするデッキより、パズルをするデッキが好きです
BATTLELINECLUB所属です
できるだけ毎日更新目指します
できなかったらゴメンナサイ
ゆっくりしていってね!

■カテゴリ
■最新記事
■PIXIV

PIXIVもやってます!こっちは東方結構描いてます

■魔理沙時計
■BANNER

クリックしてもらえると喜びます

Battle Line・攻略ブログ aoisekai_120-600.jpg

セガチュー完全版!

■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■アクセス

アクセスアナライザー

■アクセス2
■FC2カウンター

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
コウエルの偃月刀
「コウエルの偃月刀」
兵種:槍 コスト:1 戦:1 DEF:+3
・中立地帯か敵陣にいる場合、ATC+4

_BLCARDs[137]

中立地帯以降はATKが強化されるユニットです

槍兵は通常防御が優秀なユニットであり、あまりATKを得るユニットは少ないのですが、このユニットはその中でも最高の上げ幅を持ちます
ATK+4となるので「会心の一撃」等の軽い強化で簡単に突貫の対象に出来ますし、「(旧)ファーエ」を出せば「パラディン」位も落とせるようになれます

一応防御もコスト1槍兵としては低くなっているものの、ある程度の防御はこなします

となるとやはり残る弱点は戦闘力ですね
槍兵の性というのもありますが、どれだけATKDEFが上がろうとも戦闘力が無ければ射撃で速攻やられてしまいます

なのでそこは射撃に強い「大盾槍兵」の後ろに引きこもったり、同じ中立で効果を発揮する「テストゥード陣形」をかければそこそこにやっていけるユニットになります

また、中立以降のユニットを強化する「クローディア」
中立へ飛ばす「現地の案内人」や「フォスタ」も有効ですね

同様に中立に行くとステータスが上がり、強化後のステータスが似たユニットには「ウーシューの巫女」がいますね
「ウーシューの巫女」との違いは最初にDEFがあるかないかと、強化後のDEFの違いです
先に中立を押さえてしまえるのであれば「ウーシューの巫女」の方が強いですが、押されてる時でも壁役を果たせるかどうかでここの差が出てきますね

個人的評価は6.5点
弱くは無いはずですが、なんとも微妙な感じがしてしまうユニットです・・・



BattleLine 槍兵 | 23:57:03 | トラックバック(0) | コメント(0)
エールランサー
「エールランサー」
兵種:槍 コスト:1 戦:1 DEF+1
・陣形:このユニットの正面にいる味方ユニットは戦闘力+1

_BLCARDs[294]

正面のユニットの戦闘力を1上げるユニットです

「嵐のラッパ吹き」や「突風の魔法使い」とは違い、戦闘力を上げるので攻撃にも防御にも使うことが出来ます
また、戦闘力が上がるので射撃にも強くなり、相手の思惑を外すことが出来るかも知れません

しかしこの効果 防御時は問題ないのですが、攻撃時に問題が発生します

何故なら、このユニットの真正面から外れた瞬間戦闘力が下がるからです
つまり例えば戦闘力4のユニットにこのユニットの効果を適用した場合戦闘力は5になります
そこで相手の戦闘力4のユニットに戦闘を挑んだ場合、確かに戦闘力は上回り、戦闘力を1残して生き残ることが出来ますが、その後でこのユニットの正面から外れたことによった戦闘力ダウンにより戦闘力が0になり、その瞬間破棄されてしまうのです

要は元々相打ちのユニットにこのユニットの効果を適用して勝負を挑んでも結局死ぬということです

その点を鑑みると「嵐のラッパ吹き」の場合は先の様な条件でも生き残る(ATKが+されている場合は戦闘を行えば前から離れても効果は適用されたままになる)ので、そちらの方が使いやすいということになるでしょう

ですが、戦闘力を1上げることで相打ちが取れる場合もありますし、逆に相手に一方的にやられなくなったりもします
効果範囲は狭いですが、相打ちを積極的に狙っていく様な場合(そんな場合がそれほどあるか疑問ですが)はこちらもありでしょう

また戦闘力を上げることに意義があるユニットが「バクドウ」です
「バクドウ」は射撃を打った場合自身の効果でダメージを受け、基本的にはやられてしまいます
しかしこのユニットで強化して「ゲリラ戦術」を使うことで再びあの強力な効果を使うことが出来るようになるのです

ステータスは槍兵としてはかなり心もとないですが、前線に出すユニットではあまり無いでしょう
いざという時の壁にならないのは残念ですが・・・


個人的評価は6点
効果範囲や汎用性の点でやはりラッパに負けてしまうのが痛いですね・・・

BattleLine 槍兵 | 23:01:09 | トラックバック(0) | コメント(0)
ハルバディアン
「ハルバディアン」
兵種:槍 コスト:1 戦:1 DEF:+4
・剣兵ユニットと戦闘した場合、ターンの終わりまでATC+4

_BLCARDs[295]

剣兵に対しては圧倒的な攻撃力になるユニットです

剣兵と戦闘する場合ATKが+4されるので実質攻撃力は5になります
剣兵の戦闘力は殆ど5以下なのでこのユニットは殆どの剣兵を破壊ないし相打ちに持ち込む事が出来ます
ちなみに6を超えるユニットは「パラディン」「ミョムト」位しかいません
ここに関しても「(旧)ファーエ」や「会心の一撃」を付ければ破っていけるのでかなりの牽制力があります
さらにこのユニットは槍兵ということで防御にも優れており、素で破壊出来るユニットは先に挙げたユニット+「双剣兵士」だけになります

「ウィルラ」を使われると剣兵の戦闘力が底上げされてかなり辛くなるところですが、コスト1剣兵程度なら余裕で破っていけますし、その頃にもなればこちらも「(旧)ファーエ」が対抗手段として打ってでる頃にもなるのでどっこいどっこいでしょう

相手が剣兵で無ければなんの用もなさないユニットですが、槍兵ということもあり、コスト1槍兵の基本スペックは持っているので十分な壁役を果たします

「大盾槍兵」が弓対策ならばこちらは剣兵対策
このユニットがいないと剣兵を破壊していくのは大変なので槍デッキやメタデッキには是非積みたいユニットですね

個人的評価は8点
上昇幅が他と比べて中々大きのが魅力のユニットです

BattleLine 槍兵 | 23:36:09 | トラックバック(0) | コメント(0)
大盾槍兵
「大盾槍兵」
兵種:槍 コスト:1 戦:1 DEF:+4
・【射撃軽減】このユニットに与えられる射撃ダメージを3軽減する

_BLCARDs[296]

射撃ダメージを軽減する効果をもったユニットです

射撃を3軽減することができるので、殆どの射撃持ちユニットを封殺することが出来ます

例えば多くのユニットが苦労する「長弓傭兵」を始め、「クロスボウ兵」や「ガンブレード兵」等にもやられません

槍兵は基本射撃にあまり強くありません
槍兵は打たれ強いのが持ち味ですが、射撃には弱いというのもまた特徴です
戦闘力はコスト3にもなれば弓も怖くなくなりますが、それ以外ではコスト1では「長弓傭兵」、コスト2では「クロスボウ兵」が特に警戒対象になります

そんな中で射撃が殆ど効かない防御力のあるユニットということであればかなり使いやすいユニットとなるでしょう

防御時基本5の為、並のユニットではやられず、安心して押していけます
しかし戦闘力は1の為相手ユニットを貫いていくのは大変ですが、そこは戦術でカバーしたり、「(槍)ファーエ」で強化して進んでいくのが良いでしょう

このユニットの後ろに他のユニットを潜ませて射撃をくぐり抜ける盾にするというのが基本的な使い方になります

このユニットはその特性からあらゆるデッキに入れることが出来ます
例えば斧槍デッキ
射撃に弱いこれらのユニットをカバーしてくれる頼りになる1枚です
勿論バランスデッキだったり、時には騎兵デッキに入れて裏に騎兵を潜ませるなんてことも出来ます
また魔兵を組み込むと色々と面白く出来、必然的に戦闘で倒されやすいこのユニットは「影縫いの術者」を使いやすかったり、「嵐のラッパ吹き」で進軍を進めて行ったり、「結界術士」を使えば射撃も戦術も効かない厄介なユニットが出来上がります

槍を入れようかと思って困ったら、このユニットを入れておけばそれだけで射撃対策になるので射撃デッキに相対した時にかなり役に立ちます

ちなみに「山賊」や「メリッサ」等の射撃ダメージを与えることが効果のトリガーになるユニットの場合、このユニットのように射撃が通らない場合効果が発動しないので安心してぶつけていけます

また、射撃の軽減は毎回行われるので、1ターンのうちに射撃2を2回繰り返してもこのユニットは無傷です

しかし戦術や射撃でない攻撃には弱く、「矢ぶすま」や魔兵戦術、あるいは「紅蓮の高等魔術師」のような射撃でない効果ダメージは防ぐことが出来ません

とは言え、ただでさえやられにくい槍兵がさらに硬くなるというのはやはり頼もしいですね
コスト1なので使いやすいですし

個人的評価は9点
このゲームにおいて射撃を防ぐ事が如何に意味を成すかが良く分かるユニットですね



BattleLine 槍兵 | 01:40:24 | トラックバック(0) | コメント(0)
長槍傭兵
「長槍傭兵」
兵種:槍 コスト:1 戦:2 DEF:+3

_BLCARDs[298]

コスト1槍兵の中で唯一効果を持ってないユニットです

効果無し槍兵はコスト0~3までいるわけですが、それらの特徴としては皆DEFが3な事です
コスト0から順に戦闘力が1ずつ上がっているというコストと戦闘力の関係を最も体現化したユニット群と言えるでしょう

効果持ちの槍兵の多くは1+4か2+2の中で、このユニットは戦闘力をとりました
しかし守備時5という面ではあまりかわりなく、かつ優秀な効果を持ったユニットが多いのでやはりこのユニットの出番は薄くなりがちです
しかも弓兵に僅かな耐性があると言ってもそれは2+2槍兵でも言えてしまうので長所にあまり成り得ません
さらに守備時5あるとは言え、守備4自体を破って通ろうとするユニットが通常のデッキの中では少なく、せいぜい剣兵や「カタール兵」相手に一応の壁が作れる程度です これも他の1+4槍兵で事足りてしまうわけですが・・・

相手ユニットを倒すのが目的であれば「ガイアの槍使い」や「フランキスカ」等が担当できますし、守るだけであれば「パイクマン」や「ライアット兵」の方がアドバンテージ的に有利になれたりするのでやはり出番が・・・

どうも器用にすらなれない単なる貧乏なユニットな気がします
他のコストの無効果槍兵は割と入れられたりするのですが、このユニットだけはどこか中途半端なんでしょうね

個人的評価は6点
使ってても他のユニットで代替が普通に効いてしまうためやはり悲しいユニットです

BattleLine 槍兵 | 01:24:49 | トラックバック(0) | コメント(0)
前のページ 次のページ

FC2Ad

まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。