■プロフィール

双翼

Author:双翼
東方と銘打っておきながらBATTLELINEの記事ばっかりです・・・
でも楽しいからオススメするよ!
東方はほぼ全てEXクリアし、永夜抄はLUNAをクリアしたことがある程度の能力
BATTLELINEは数で攻めたりパワー押しするデッキより、パズルをするデッキが好きです
BATTLELINECLUB所属です
できるだけ毎日更新目指します
できなかったらゴメンナサイ
ゆっくりしていってね!

■カテゴリ
■最新記事
■PIXIV

PIXIVもやってます!こっちは東方結構描いてます

■魔理沙時計
■BANNER

クリックしてもらえると喜びます

Battle Line・攻略ブログ aoisekai_120-600.jpg

セガチュー完全版!

■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■アクセス

アクセスアナライザー

■アクセス2
■FC2カウンター

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
ガンブレード兵
「ガンブレード兵」
兵種:弓 コスト:3 戦:3
・射撃3【1マス前の敵ユニット1体に3ダメージ】



弓兵コスト3類の一種です

射撃3という強力な射撃を持ち、硬直も無く毎ターン撃つことが出来ます

射撃3 といえば「クロスボウ兵」がいますが、あちらはコスト1である分大きな硬直があります
硬直がある、ということは非常に倒されやすい ということでありあちらが生き残るのは展開が進んでいない序盤でユニットがくっついていない時等でしょう
また射撃3 というのは殆どのユニットを落とすスペックであり、毎ターン使えることを考えると、効果だけを見れば優秀な射撃要因です

そして弓兵にしては珍しく戦闘力が3もあります
これはつまり一般的な射撃ユニットである「長弓兵」などの射撃2に耐え、またいざという時に殴りかかることもしやすいです
「弓スクラム4」を使えば弓兵の苦手な「トーファイ」等の大型英雄も倒しやすくなります

問題なのはやはりコスト
これだけ十分な効果を持っているので仕方ないといえばそうなのですがやはり普通に入れるのには躊躇われるでしょう
また先に述べた「クロスボウ兵」で十分 というのもあるでしょう
わざわざコスト3を使って展開を遅らせるより軽い「クロスボウ兵」を使った方が便利ですからね

なので基本的にこのユニットの居場所は大型か、弓兵デッキということになってしまうでしょう
弓兵デッキでも基本は軽いユニットで動かすのであまり居場所はありませんが・・・

このユニットを動かすときは射撃もそうですが折角なので戦闘力を生かしましょう
前線にどんどん進んでいけるので意外と制圧要因になったりします
また地味に「強行軍」の対象です
このユニットに強行制圧されたら相手は大いに驚くことでしょう
狙ってみるのもアリかもしれません

個人的評価は5点
重量級の都合上デッキを大幅に選ぶ上、効果にそれほどの重要性が感じられないのが欠点でしょう




BattleLine 射兵 | 00:21:17 | トラックバック(0) | コメント(0)
マスケット銃兵
「マスケット銃兵」

兵種:弓 コスト:2 戦:1

・射撃2【1マス前の敵ユニット1体に2ダメージ】

・このユニットの左右にいる同じ名前の味方ユニット1体につき、このユニットの射撃+3



コストが1上がった「長弓兵」です

コストが1上がって付いた効果は同名のユニットが並んでいれば射撃+3という強力な物です

しかしデッキには同名のユニットは2枚までしか入れられず、また1枚引けたとしてももう一枚を引ける確率は非常に怪しいものがあります

ただしその苦難を乗り越えて得る効果は非常に大きなメリットになります

射撃5 というのは大半の相手兵を落とし、落とせないのは一般兵では「パラディン」のみであり、英雄も戦闘力6以上以外は全て落とします

また剣兵特化である「スナイパーボウ」と違い相手ユニットの兵種は不問です
その為どんな相手にもその強力な射撃が突き刺さります

さらに「ハイロウ」と組み合わせることにより、射撃は6まで伸びます
射撃6で落とせないユニットはなんと「マルクス」「クリスタル」「トーファイ」の3体のみになります
これだけの射撃が揃えば相手兵を軽くあしらうことも可能でしょう

このユニットは序盤で二体揃う事も少なく、食料も非常にかかるため延長向けのユニットと言えるでしょう
かつ陣形に気をつけないと離れ離れになってしまうので玄人向けのユニットです

なんと言ってもこのユニットの問題点は「2枚引けるか」に掛かっています
このユニットをデッキに入れる場合はなるべくドローソースを多くして一枚でも多くデッキを掘り下げましょう

弓兵の最大の敵は射撃持ちです
剣兵も然りですが弓兵の間合いに軽く入ってくる射撃持ちは倒したいユニットの後ろに構えられると、相手ユニットを倒した弓兵がカウンターで倒されます
なのでせっかく二体揃えても、このユニットの効果を使える機会は限られてしまうかもしれません

しかし剣兵相手に堂々と立ち向かう二体の姿は非常に頼りにできることでしょう

また地味に射撃が2あるので用途的には「長弓兵」と同じ使い方が出来ます
どうしても引けなかった場合はそうするしかありませんが・・・

ロマンといえばそれまでですが普通の弓兵に飽きた人は手を伸ばしてみるといいでしょうね

個人的評価は5.5点
単品では役に立ちづらくデッキ構成に大きく左右されるのが難点です・・・ね 重いし






BattleLine 射兵 | 23:57:31 | トラックバック(0) | コメント(0)
山賊
「山賊」

兵種:弓 コスト:2 戦:1

・射撃1【1マス前の敵ユニット1体に1ダメージ】

・射撃ダメージを与えた場合、カードを1枚引く



弓兵の中でドロー効果を持っているユニットです

コスト2 という重さが災いして中々注目されませんが、ドローできる確率は結構あります

弓兵に組み込めば弓同士の消耗戦でアドバンテージ的に有利に働きますし、他の戦闘力1のユニットとぶつかったときは一方的にアドバンテージが取れます

射撃ダメージを与えれば良いため、必ずしも倒すことは必要とされず目の前でうろちょろすることもできます

後ろにカウンター要因を配置しておくと相手は進軍をためらうことになりますが、このユニットを倒さないとドローされるため囮効果としても有用です

そのためドロー+囮の役割としてその生涯を全うしてくれることでしょう

「バンディット」同様使い捨て感覚で使えるため、多少の無理が出来、カウンターが出来なくてもデッキを掘り下げることができるため、重さを除けば使い勝手はいいです

射撃1 というのは「弓民兵」と同じであり、落とせるユニットは限られますが立ってるだけで通常の弓以上に牽制できる可能性があるので非常に面白いですね

用が済んだりコストオーバーでの破棄筆頭要因にも出来ます
しかしその裏をかいて、破棄するだろうと射撃範囲内に入ってきたユニットを撃ってドローする というのもありです

個人的評価は7点
単純なドロー要因は主に「バンディット」に立場を奪われやすいですが、渋好みな方やメタを考える方にはこちらも有用です


BattleLine 射兵 | 00:20:02 | トラックバック(0) | コメント(0)
弓民兵
「弓民兵」
兵種:弓 コスト:0 戦:1
・射撃1【1マス前の敵ユニット1体に1ダメージ】



コスト0である民兵群の一種です

基本的に民兵はうじゃうじゃしてて嫌いなのですが(ぉぃ
展開力を命とする「プルル」では非常に有用に働きます

コスト0ということで引いたら場に出すことが出来、食料事情を気にすることなく展開出来ます

コスト0群の中で唯一(のはず)射撃を持っています

射撃1 というのは多くの槍兵、斧兵、弓兵、魔兵を落とすことが出来、コスト0ながらそれら相手に十分に牽制できる可能性があります

「スナイパーボウ」と比較してこちらは射撃1に特化してる分コストがありません
剣兵を相手に考えていないのであれば非常に扱い易いユニットです

こういった射撃以外を持っていないユニットの考察はどうしても短めになってしまいますね・・・

個人的評価は8点
どんなデッキでもコストを気にせず、民兵の中でもホイと入れられるのが特徴ですね







BattleLine 射兵 | 23:50:29 | トラックバック(0) | コメント(0)
スナイパーボウ
ケーアイさんのブログやZITANさんのブログから飛んできてる人もちらほらいらっしゃるようですね。
本当にありがとうございます!

さぁ本日は「スナイパー」です。
兵種:弓 コスト:1 戦:1
・射撃1【1マス前の敵ユニット1体に1ダメージ】
・剣兵ユニットに対して射撃ダメージ+3



前回の「クロスボウ兵」でもご紹介しましたが、このユニットは剣兵相手にかなりの牽制力を持ちます。
ただし射撃1ということもあり相手が剣兵を入れてないとただの「弓民兵」に成り下がります。

弓兵の中では戦4の剣兵をノーコストで落とせるユニットということもあり相手が剣兵の時は大変重宝します。
そして相手もこのユニットが出たら真っ先に狙ってくるでしょう。

こうやって書きましたが実はあまり役に立つことは少なかったりします。
戦4の剣兵は基本はコスト2の剣兵であり、現環境でコスト2の剣兵で入れられるのは剣兵版「クリスタル」でドロー要因として用いられる「大剣の紋章官」位しかいません。
そして普段使われるのは一撃では落とせないコスト3のパラディンや「ミョムト」「クロスボウ兵」で事足りてしまうコスト1剣兵ばかりなのです。

さらに剣兵以外のデッキでもこの射撃1がネックとなって使いにくかったりします。
弓兵デッキにはもちろん入りますが、それ以外では槍デッキに相性がいいと思われます。
槍デッキが苦手としやすい「双剣兵士」を落とせますし、斧は基本戦闘力1の兵が多いので問題なく戦えます。
「双剣兵士」を相手にするのなら「クロスボウ兵」でいいと思われるかもしれませんが、硬直なく毎ターン動けることを考えるとこちらの方が良いと思われます。

今回のデッキに入っているのは一応弓兵だから、ですね。
しかし先に述べたよう優先順位が低いので1枚差しになっています。

個人的評価は6点。もう少しあってもいいかもしれませんが今ひとつ、という感じです。





BattleLine 射兵 | 18:02:53 | トラックバック(0) | コメント(0)
前のページ 次のページ

FC2Ad

まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。